[st-card id=10]

不眠の体験談

近所の犬が深夜に吠える日々、すっかり不眠に

投稿日:

私はとある賃貸マンションに長年暮らしています。周囲は車通りも少なく、自然と都会の中間にあるとても静かな場所です。これまで特にトラブルなく暮らしていましたが、そんな平和を吹き飛ばすような事件が起きました。自分の部屋の隣に一人暮らしの初老の女性と犬が一緒に引っ越してきたのです。別にマンション住民の引越しなんて珍しくはありませんが、問題はそこではありませんでした。
【深夜、日付を跨いだ頃に吠え出す】
こちらの初老の女性には妙な習慣がありまして、犬を深夜・早朝問わずに玄関の外に出すようなのです。ええ、犬を外に出すだけなら個人的には大した問題ではありません。しかし、大変うるさいのです。犬が「家の中に入れてくれ」と言いたいのでしょうか。「くぅーんくぅーん・・・・・・ぅーっわんっ!!(以下、これを何度もループ)」と吠えるのです。それも深夜二時前後に。これに驚いて飛び起きるということを毎日数回繰り返し、ついには眠りが浅くなって不眠になってしまいました。文字通り、心臓が飛び出るような感覚で起こされてしまいます。
そもそも何故こんなことをしているのかすら分かりませんが、しつけでしょうか。巻き込まれるこちらからすれば溜まったもんではありません。犬の吠える場所と部屋の配置的にも私がマンション内の住民で騒音被害が一番大きい状態で困っています。
さらに眠れなかった早朝・深夜だけでなく、昼寝しているときでも問答無用で起こされてしまいます。夜だけでなく昼も睡眠を取らせてくれないのかと大変腹立たしい気分でした。
【自分の中で怒りのボルテージが溜まっていく】
最初の数ヶ月は我慢していました。しかし、不眠が長期的に続くにつれて、自分の精神が不安定になっていくのがはっきりと分かりました。さらに、不眠などによるストレスで難病指定を受けている病気まで発症。治せる方法がはっきりしていない病気ですが、原因はストレスと不眠で発症するだろうと言われている病気でした。ええ、例の件で不眠になったのが一因となっています。
ぐっすり寝てストレスを避けるだけでも、病気に改善効果があるとされていたので積極的に寝ていたのですが・・・・・・。それでも、あの犬が「わんっわんっ!!」で台無しに。いつものように飛び起きるわけです。低音が響く声だから心臓に来るんですよね。睡眠薬は使わない派の自分でも、さすがに処方してもらいました。
結局のところ幸い症状は回復したのですが、今でも後遺症は残っており、さらにその後遺症が原因で今でも不眠気味になっています。常に音楽をかけないと眠れません。
【さすがに注意しようと思って行動に出る】
私は引っ込み思案で多少の事は我慢するタイプです。ご近所さんの気分も害したくないですし、気まずい思いをさせたくはありません。でも、今回はさすがに自分の命に関わると思って何らかの手段を講じることにしました。そのときに出た案が以下。
一つ目は直接本人に、もしくは手紙などで注意する方法です。二つ目はマンションの管理人や家主を経由して注意してもらう方法。三つ目は少し過激かもしれませんが公的機関を使う方法です。例えば、保健所や市役所、警察などから注意してもらうという方法ですが、一番相手に負担をかけることになります。個人的には本意ではありません。
【手紙を送って解決】
ということでそっと手紙をドアポストに入れて、困っている旨をやんわりと伝えました。
以降、犬が深夜に吠えることは無くなって今では静かな毎日です。その後は運動などでリハビリを1年弱ほど続け、不眠はほぼ解決しました。
こんなことなら、さっさと本心を伝えれば良かったと後悔しています。

[st-card id=10]

-不眠の体験談

Copyright© サイレントナイト口コミ , 2017 AllRights Reserved.